清水歯科医院 審美歯科ガイド

静岡市葵区の歯医者 セラミックの歯とホワイトニング、審美性を考慮した治療なら鷹匠にある清水歯科医院まで

HOME»  ラミネートベニア

ラミネートベニア

特徴

ラミネートベニアとは?  

ラミネートベニア治療をおすすめする症状

歯の表側表面を少し削って型採りし、そこに薄いセラミックで作った薄いつけ爪の様なものを歯の表面に接着させる治療法です。
歯の神経へのダメージも少なくなります。

 

ラミネートベニア治療をおすすめする症状

前歯の着色が強い方(テトラサイクリンによる変色etc)
歯のすき間を綺麗に埋めたい方
前歯の形を整えたい方

 

適応部位

主に上下の前歯に適応します。欠けてしまっている歯や変色が激しい歯、形が気になるといった場合に適応します。神経の生きている歯に適応します。

 

材質

セラミック製

 

長所 短所
セラミック性なので、変色/着色がおこりません。また、歯を削る量が少しで済むため神経の大きな若年層の生活歯にも適応出来ます。 噛み合わせの状態によっては剥がれやすい場合があります。長年の噛み合わせにより歯質部分が磨り減りセラミック部分との間に段差が生じることがあります。歯並びや歯の形を大きく変えることはできません。

 

治療費

1歯につき70,000円(税抜)

 

治療例

Before

 

arrow

 

After

前歯の詰め物が目立ち審美性が損なわれていたためラミネートベニア修復しました。

 

ラミネートベニア法はホワイトニングでは白くすることが出来ない前歯でも審美的に修復することが出来ます。
しかしながら、治療の特性上どうしても自信の歯を削らなければいけない事がデメリットです。 当院では患者様の状況、ご希望を考えを良くお伺いした上で最適な治療法を提案します。