清水歯科医院 審美歯科ガイド

静岡市葵区の歯医者 セラミックの歯とホワイトニング、審美性を考慮した治療なら鷹匠にある清水歯科医院まで

HOME»  オールセラミックス

オールセラミックス

特徴

オールセラミックスとは?

 

オールセラミックスとは?

歯の被せ物の材質として自然な光を透過する優れた美しさと、エナメル質と同様の舌触わりを兼ね備えています。
金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心して治療を受けて頂けます。
また、お口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。

 

オールセラミック治療をおすすめする症状

前歯の古い被せ物を自然な歯のような質感の被せ物に替えたい方
やや目立つ部位に銀歯等の金属が見えるのが気になる方
神経を取ったことにより前歯が黒ずんでいる方
金属アレルギーをお持ちの方

 

適応部位

特に審美性を要する前歯に適しています。
但しセラミックの厚みが取れる噛み合わせ状態であること必要です。強度が必要な噛みあわせ状態や連結冠、ブリッジなどてはジルコニアフレームを使用したジルコニアオールセラミックスするか、金属を躯体として使用するメタルボンドにする必要があります。

 

材質

ポーセレンセラミックス(陶材の一種)を使用して作る冠で陶器のように高温で焼きます。ジルコニアは硬い鉱物のような物質で、ジルコニアオールセラミックスではジルコニアのブロックを機械で冠形態に削り出した後、セラミックスを焼き付けます。金属を一切使用しないのが特徴です。

 

長所 短所
金属を一切使用しない為、歯の裏側も白く、透明感等、見た目が天然歯に非常に近く、自然に見えます。
摩耗しにくく、変色の心配がない為装着後の着色劣化が起こりづらいです。
また、人体(歯肉)への親和性が高い為、正しいブラッシングをしていれば、歯肉炎や歯肉退縮(歯ぐきが小さくなってしまう事)を起こしづらいです。
衝撃には弱い為、事故等により前歯をぶつけてしまうとセラミック部分が欠けてしまう恐れが有ります。硬いものを噛んだ時や強い歯ぎしりでも欠けることがあります。
冠を被せることになるため、歯を大きく削ることになります。そのため神経のある歯では歯がしみる、ズキズキする(歯髄炎)などの症状が出てしまうことがあります。場合によっては神経を抜くことになるため歯の寿命に影響します。

 

治療費

1歯につき80,000円(税抜) ジルコニアフレーム使用時は100,000円(税抜)
※ジルコニアフレーム・・・冠内側の部分やブリッジの場合の歯の無い部分のつなぎに当たる部分をフレームと言います。
ジルコニアは強度が高く白いため、審美治療用の歯科材料として近年脚光を浴びています。ジルコニアの上にセラミック(陶材)を焼き付けて、エナメル質の質感を出します。

 

治療例

Before

 

arrow

 

After

縁のメタルが露出して審美性が損なわれた前歯もオールセラミックスに変えれば審美性を回復できます。
このケースの場合、中央の2本から左上の犬歯までの4本がつながったブリッジと、右上の2番目と犬歯のそれぞれにジルコニアオールセラミックスを被せたので、費用は6本分相当の60万円(税抜)となります。型採りから完成までは2週間程度かかります。(本数が少なければ9日間程度。)

 

Before

 

arrow

 

After

患者さんの希望により、虫歯で詰め物だらけだった歯をセラミックスクラウンで修復しました。左の歯の傾きも直したいということで、左の歯は結果的に神経を抜くことになってしまいました。患者さんには傾斜を変えた左前歯部で強く噛まないことが求められます。
このケースは前歯2本にオールセラミックス(ジルコニアが使用されていないもの)の冠を被せ、費用は16万円(税抜)です。型採りからセットまで9日間程度かかります。(来院回数は型採りとセットで最少で2回。)

 

何十年も前からセラミックの白い冠(歯にかぶせるもの、差し歯など)は自費治療として行なわれてきましたが、これはメタルボンド冠といって、金属冠の表面に陶材(セラミック)を焼き付けたものでした。
オールセラミックは金属を全く使用せずに作られている白い冠です。そのためメタルボンドと比較して歯肉縁の色調が明るくより自然で、また強い光が当たった場合金属による反射がなく、さらに天然歯に近い色調が得られます。
今まで強度の面からメタルボンドで対応してきたブリッジも、最近は金属の代わりにジルコニアという白色系の硬い鉱物を使用し、それにセラミックを焼き付けたものができるようになり、歯肉縁の色調の暗さや金属の露出の心配がなくなりました。