清水歯科医院 審美歯科ガイド

静岡市葵区の歯医者 セラミックの歯とホワイトニング、審美性を考慮した治療なら鷹匠にある清水歯科医院まで

HOME»  ホワイトニング

ホワイトニング

特徴

ホワイトニングとは?



                  
                                                 

                  

                  
 

ホワイトニングとは?

歯のエナメル質表面の着色やエナメル質内部の着色(歯の変色)を薬品で漂白することで透明感のある白い歯にする治療です。神経の生きている歯に有効です。
ただ単に表面の着色を取るだけでなく、エナメル質が形成された際のできの悪い部分に入り込んだ着色を取るので、研磨とは違い一見きれいな歯でもさらに白くすることができます。

※注意点・副作用等
ホワイトニングは歯のエナメル質に作用するためエナメル質でない部分やエナメル質の薄い部分には効果的ではありません。ですから摩耗等により象牙質色が透けて見える歯や歯根露出部分に着色している歯、虫歯治療のプラスチックの詰め物部分には効果が期待できません。
施術中薬剤により一時的に歯が締め付けられるような痛みを感じたり、歯肉に薬剤が付着した場合は歯肉が軽い火傷様に白くなり痛みを感じることがあります。このような場合は知覚過敏用の薬剤を塗布して痛みを緩和してから施術するか、痛みが強い場合は施術を中止することもあります。歯肉の火傷にはワセリンを塗布しますが、症状は1日で消退します。施術後はフッ素濃度の高い歯磨剤を施術面に塗布します。また施術後の食事で酸や塩分により歯がしみることがあります。たいていは1日から2日で症状が起こらなくなりますが、続く場合は知覚過敏用の歯磨剤を使用していただきます。
また胎児や母乳への影響の安全性は確立していませんので、妊娠中や授乳中の方はホームホワイトニングを控えたほうがよいでしょう。(薬剤が混入した唾液を飲み込んでしまう惧れがあります。)オフィスホワイトニングなら注意すれば可能です。

ホワイトニング治療をおすすめする症状

・全体的に歯を白くしたい方
・前歯にオールセラミックス、ダイレクトボンディング等の審美的治療を受ける方で、他の天然歯も白くして全体的に綺麗にしたい方
・結婚やイベントを控えている方

※妊娠中の方、授乳中の方はホームホワイトニングは控えてください。

 

適応部位

上下の前歯部~小臼歯部

 

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、院内で歯に光を当てて行なうオフィスホワイトニング、
ご自宅等で歯にマウスピース様のものをはめてご自分で行なうホームホワイトニング、
その両方を併せて行なうデュアルホワイトニングがあります。

 

オフィスホワイトニング

そもそも使用する薬剤の過酸化水素濃度がホームホワイトニングのものより高く、
触媒の活性を高めるために熱や光を当てることにより漂白効果を高めています。ですから即効性があるといえます。
ただしかなり高濃度の薬剤を作用させた場合やエナメル質に亀裂のある歯の場合は歯に痛みを生じることがあります。

 

ホームホワイトニング

患者さん自らが口腔内に入れて使用するため安全な薬剤でなければなりません。
ですから過酸化水素濃度としては低い漂白剤(ジェル)を使用します。
(ホームホワイトニングの薬剤は過酸化尿素ですが分解して約3分の1の濃度の過酸化水素になります)
そのため漂白効果が出るまでにはある程度の期間が必要になります。トレー装着を毎日数時間、
少なくとも1週間以上続けなければなりません。

 

治療費

■オフィスホワイトニング
当院で初めて受ける方 1回につき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10,000円(税抜)
当院で以前ホワイトニングした方 1回につき ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8,000円(税抜)


■ホームホワイトニング
トレー製作  上あご用または下あご用1個につき ・・・・・・・・ 5,000円(税抜)
薬剤ジェル3本(上下のトレーで使用した場合1ヶ月分)・・・・・ 6,000円(税抜)

 

デュアルホワイトニング

 オフィスホワイトニング とホームホワイトニングを組み合わせてホワイトニングすることをデュアルホワイトニングといいます。まず強めの薬剤を使うオフィスホワイトニングを1~2回行ない、引き続きホームホワイトニングをやっていただきます。
 オフィスホワイトニングによりエナメル質表面の反応性を高めてからホームホワイトニングに移行していただくことにより、ホームホワイトニングの効果も出やすくなりますし、ご自宅でホワイトニングを続けていただくことで、より漂白効果も高まり、何度もオフィスホワイトニングを受けるよりも安全で経済的です。
 料金はオフィスホワイトニングの回数によりますが、オフィスとホームの料金の合算になります。

 

治療例

 Before

 

arrow 

 

After

オフィスホワイトニングを1回、その後ホームホワイトニングをしました。
オフィスホワイトニング1回でも漂白の効果はありますが、オフィスホワイトニングで歯の表面の反応性を高め、引き続きホームホワイトニングをしていただくと効果がはっきり出ます。   
個人差もありますが、2~3週間のホームホワイトニングで白さを感じるようになります。

26,000円(税抜)・・・オフィス初回+ホームキット料金

※このケースでは痛みなどの症状は出ませんでしたが、ホワイトニングのリスク・適応症については、上記の説明文をお読みください。

 

 当院のオフィスホワイトニングは、患者様の痛みの出現がないことを確認しながら過酸化水素濃度を上げていくことができますので、黄ばみの強い傾向にある犬歯(糸切り歯)には濃度を上げた薬剤を塗布して光照射することもできます。
 通常小臼歯から小臼歯の間の、上下16~20本の範囲を一度に光照射します。 (ホワイトニングは神経の生きている歯に適応されますので冠をかぶせた歯や神経を抜いた歯では効果は望めません。)
 1回のオフィスホワイトニングの所要時間は40~50分です。 できればオフィスホワイトニングを2~3回程度受けていただきますと、より白くなりますし、再び黄ばみが気になるまでの間隔も長くなります。

 ホームホワイトニングのジェルは過酸化尿素濃度16%のジェルをお渡しいたします。院長の個人輸入という形で、歯科材料店経由の通常の濃度10%のものよりホワイトニング効果が出やすいものとなっています。ほとんどの患者様はこの濃度でお痛みを訴えることはありません。