清水歯科医院 審美歯科ガイド

静岡市葵区の歯医者 セラミックの歯とホワイトニング、審美性を考慮した治療なら鷹匠にある清水歯科医院まで

HOME»  オールジルコニア

オールジルコニア

特徴


 

 

オールジルコニアとは

白いジルコニアのブロックをコンピュータ制御の元で削り、冠の形に作った被せ物です。
細かな色の調整や透明感を出すことはセラミックの冠のようにはできませんが、数種類の色の中から選択でき、土台の歯質の変色も隠します。
何より強度があるため、咬合圧のかかる奥歯でも割れる心配が少ない材料です。ブリッジにも対応できます。
金属冠を被せる場合と同程度の歯の切削量で済むため、神経のある奥歯でも安全です。
また金属アレルギーの方にも安心です。
 

 

オールジルコニア治療をおすすめするケース

 奥歯に銀歯等の金属が見えるのが気になる方
 奥歯に入れたハイブリッドが欠けてしまった方
 咬合圧のかかる奥歯の銀歯やブリッジを白く変えたいがなるべく費用を抑えたい方
 金属アレルギーをお持ちの方

 

適応部位

咬合圧のかかる奥歯に適します。神経を抜いていない歯でも、削る歯質量が少なくて済むため適応します。強度があるためブリッジでも大丈夫です。もちろん金属アレルギーの方にも安心です。但し、審美性を要する部位の歯にはジルコニアの表面にセラミックを焼き付けたジルコニアセラミックスをおすすめします。ブリッジのように連結して作る場合、目立つ部位だけにセラミックを焼き付けることも可能です。この場合の料金はオールジルコニアとジルコニアセラミックスの組み合わせになります。(ただしセラミックを焼き付ける部位の切削量はオールジルコニアより多くなります。)

 

材質

人工的に作ったジルコニアのブロックをコンピュータ制御で削り出して作る冠。数種類の色のブロックから選択して削り出します。仕上げに技工士が着色を施してより自然な感じに仕上げます。ただし着色は徐々に取れてしまいます。金属アレルギー対応です。

 

長所 短所
白いので口の中で天然歯のように見えます。金属に次いで強度があるため、薄くても割れたり欠けたりする心配が少ないのが一番の長所です。そのため歯を削る量は少なくて済みます。神経のある歯でも神経を抜かずに被せることができます。
舌触りがよく、歯肉に対する親和性も高いです。

セラミックス冠に比べ安価になっています。
適合性の観点から冠形態にしか対応できないため歯を冠が被る形態に削る必要があります。
選択した色のジルコニアブロックを削り出して作るため、色の微調整はできません。また、研磨によって不自然な艶が出てしまうため、前歯など、審美性を求める部位にはおすすめできません。

 

治療費

1歯につき50,000円(税抜) 
※ブリッジなどで一部にセラミックを焼き付けた場合は、この部分はジルコニアオールセラミックスの料金になります。
 

 

治療例

 

 

 

左右の奥から2番目の第一大臼歯にオールジルコニアの冠が入っています。口を開いたときに見える範囲は白い歯になりました。
このケースの場合もともと銀歯が入っていた所2本にオールジルコニアを被せました。費用は10万円(税抜)、来院回数は最少で2回、治療期間は最短で1週間です。

 

技工士さんが模型上で作る従来からの方法とは全く違う、新しい方法のCADCAMというシステムで作られます。ジルコニアのブロックをコンピュータ制御で削り出して冠の形にします。ジルコニアはセラミックの弱点だった欠ける危険が少なく、金属アレルギーにも対応できます。

 

オールセラミック治療をおすすめする症状オールジルコニア治療をおすすめオールジルコニア治療をおすすめするケース